NURO光の物件条件:戸建て/マンションやアパートなどの集合住宅に開通できるの?

「NURO光」のサービス内容をまずは説明させていただくと、So-netの「光ファイバー回線サービス」です。「NURO光」は超高速回線と、安心の使いやすさと便利さが特徴の光ファイバーのサービスコースとなっています。また、追加料金を支払うことなく、セキュリティサービス・無線LAN接続までが利用できます。現在、関東の特定の県での開通となっています。

さて、地域的には関東の特定の県のみでの開通となっていますが、住宅の形態についての制限については何かあるのでしょうか。たとえば、戸建て、マンションなどの集合住宅に大きく分かれますが、マンション形式の場合、開通が不可となることはあるのでしょうか。

マンション住宅の開通条件

コース構成をみていきましょう。「NURO光コース」には、「戸建て向け」と「集合住宅向け」の双方のコースが用意されています。マンションということは「集合住宅向け」のサービスコースになります。集合住宅向けのコースには二つのコースがあります。「NURO光G2V(マンションミニ)」というコース名がつけられています。こちらの特長をみていきましょう。

こちらは、2階建て以下の集合住宅に住んでいる方が利用できるFTTHサービスとなります。よって、3階以上の集合住宅には施工できないこととなります。
しかしながら、セキュリティサービス標準装備、無線LAN親機機能標準装備(最大450Mbps)は、しっかりサービスのなかに含まれます。また、こちらのコースを契約するとなると、2年間の契約を前提として利用することになります。

この「NURO光G2V(マンションミニ)」は、あらかじめ、2年間の継続契約が条件となる申し込みになりますので、その点は注意されたいと思います。また、継続契約は自動更新となっており、2年ごとに更新がなされます。万一、継続契約を途中で解約、あるいは「NURO光G2」コースへの契約変更があった場合、、契約解除料9,975円がかかってきますので、この点は最初に考えておくべきことかと思われます。

さて、マンションなどの集合住宅で2階建て以下の集合住宅に住んでいる場合利用できるFTTHサービスは、もう一種類あり、「NURO光G2」といいます。同様に、こちらのサービスでは3階以上の建物には利用はできないということになります。この「NURO光G2」の特長は、継続契約期間が設けられていません。セキュリティサービス標準装備と、無線LAN親機機能標準装備(最大450Mbps)も込みとなっています。

また、NURO光 for マンション という、集合住宅向けのプランもあります。詳しくはこちらをごらんください。
NURO光 for マンションを徹底解説!料金・加入条件からキャンペーンまで

戸建住宅の開通条件

さて、階数によって制限がある集合住宅ですが、戸建ての場合には階数制限は特に設けられておらず、概ね開通ができるとのことです。ただし、戸建てでも集合住宅でも、市販されている一部のWi-Fi通信機器製品、アプリケーション製品についてはこのNURO光のサービスが利用できない場合があります。

現在、利用できない現象が確認されている機器とアプリケーションは次の通りとなります。「無線LAN子機:Buffalo社製 WLAE-AG300N」「アプリケーションソフトAppleBonjour/DLNAZeroconf」です。

→NURO光のサービス提供エリア

NUROキャンペーン
NURO光評判 総まとめ!
サブコンテンツ