NUROの申込。販売代理店とソネット公式との違いは?どちらがお得?

Dairiten
NURO光でも販売代理店がスタートしました。もしかしたら電話や訪問によるNUROの勧誘を受けた方もいるかもしれませんが、販売代理店によるものである可能性もあります。さて、公式、つまりソネットに直接申し込みを行う場合との違いはどうなるのでしょうか?

販売代理店とは?

販売代理店とは、ソネットが営業を委託している業者のことです。ソネットだけでは販路の拡大に限界があるので、代理店に営業代行をしてもらっているわけですね。ちなみにフレッツなどでは勧誘・営業の大部分が販売代理店によって行われています。

販売代理店は大丈夫?

完全に業者によりまして、もちろんクリーンに、誠意を持って対応していただける販売代理店もあると思います。NUROは最近できたサービスであるため、まだまだ情報としては表に出てきていないことが実情です。

ただ、フレッツ代理店を例に取ると、電話で話した時の契約内容が実際と異なる、といったトラブルはかなりの数起きていることも事実です。キャッシュバックが支払われない、以前の回線の違約金を負担してもらえない、話が違う!といった具合ですね。

これは、実際のところ確認不足だった契約者側に責任があるケースもあるのですが、問題は契約内容を極めてわかりにくくしていることが多いということです。

特に注意すべきはキャンペーン特典で、販売代理店はココを工夫しながら他社代理店やソネット公式と差別化してきます。「キャッシュバック5万円」などと言われたら要注意です。間違いなく別の部分(オプション加入など)で費用がかかってきます。

どちらで申し込むのがお得?

逐一販売代理店のキャンペーン内容を確認して、ソネット公式と見比べるしかありません。ソネット公式のキャンペーン内容は頻繁に変わることはありませんので、近々乗り換える予定がある場合は覚えておくといいでしょうね。

場合によっては、販売代理店ががんばって良い条件を出してくれることもある可能性はあります。

ただまあ…

正直な意見としてはソネット公式を推します。契約内容を細かく確認する労力に見合うメリットがあるとは考えにくいからです。

販売代理店はソネットからマージンをもらうことで活動することができます。ということは、代理店を挟まないほうが私たちユーザに降りてくる取り分は大きくなる、というのが理ですよね。

フレッツは代理店がかなり得なんだけど

これがフレッツ光であれば、話は変わるんです。フレッツは、代理店に営業の大部分を委任する戦略をとっているため、あえてフレッツ公式のキャンペーン特典を抑えています。そのほうが代理店が活動しやすいですからね。そして、販売奨励金を各代理店に与えて、キャンペーンを充実化できるようにしていたりします。

つまり、フレッツ公式より、フレッツ代理店から申し込んだほうがお得になる可能性が高いということです。

NUROは公式がキャンペーンがんばっちゃってる

しかしフレッツと異なり、NURO光ではソネット公式が自社でキャッシュバックキャンペーンを展開しています。その金額は(3万円キャッシュバック(Web限定))ですから、お得度はとても高いです。契約内容もわかりやすいですし、これ以上何を望むのか、と。

そうなると、販売代理店はどのくらい差別化していけるのか、やや疑問に思います。そして、実際にどのような契約内容やキャンペーンを提示するかは、その時の勧誘次第になってきますので、明確にこっち!と断言することはできません。

ひとついえることは、代理店はその場でキメてかかろうとしますが、絶対に「考えます」と持ち帰ることです。そしてしっかり契約内容を確認して、お得度も比較してから選ぶようにすることが大切です。

ソネット公式のキャンペーンについてはこちらをご覧ください。デメリットなしで3万円キャッシュバックが可能です。

NUROキャンペーン
NURO光評判 総まとめ!
サブコンテンツ