NURO光の契約時の勧誘や営業についての評判

NURO光の勧誘営業の評判を調べましたが、今のところそこまでひどくない模様です。ネット回線業者の営業・勧誘のしつこさは定番です笑 あれをやっているのは主に代理店なんです。

NURO光の場合、まだそこまで代理店が幅を広げておらず、ソネット公式から申し込む人が多い。そのため勧誘はそんなキツくないというわけ。まあ家電量販店に行った時に声をかけられる人はいるでしょうけど、それはその場で立ち去れますからね。

NURO光の勧誘・営業の現状

どこのプロードバンドサービス提供企業も、顧客の獲得には大変なことと思います。「勧誘」という広告宣伝も自由な資本社会においては正当なツールではあります。

ただし、顧客の状況に応じて勧誘の方法やタイミングも対応を変えていただきたいというのは、顧客の側からするといつも思うことであろうと考えられますが、NURO光についてはどうなのでしょうか。

 
NURO光に限ったことではありませんが、代理店という方式で勧誘している場合、その代理店のスタッフの教育が充分になされていない場合、顧客にとって「強引」だとも感じられる勧誘をしている場合があるようです。

ビラやティッシュでの広告宣伝というのは、顧客にとっては一番自由に自分の好きな時間にじっくりと検討できる、というメリットがあるかと思います。

 
NURO光も街中でのキャッチ勧誘をしているようですが、その勧誘のされ方にもよりけりのようです。たとえば、「NURO光と一緒に携帯とセットで」というようなキャッチ勧誘があります。

その勧誘がその顧客にとってちょうど必要としているセットであれば、「強引」とは感じないでしょうし、面倒だとも思われないで済むところですが、急いでいるところへ街中のキャッチ勧誘はやはり、NURO光でなくてもその企業の評判を落とすことにもなりやすいのでしょう。

セット販売が不要であれば、普通に公式から申しこめばOKです。

電話勧誘は?

そのほか、電話によるNURO光への勧誘というものもあるようです。電話による勧誘もNURO光だけでなく、他企業もしていることではあります。特に強引だということはないようですが、電話というのはタイミングをはかりかねるツールでもありますので、相手の状況によっては気分を害することにもなりやすいと思われます。

ただし、代理店によってはしつこく電話勧誘をしてくるところもあるようです。しかしながら、それはNURO光本体とは直接的に関連があるわけではないので、もしも悪質な勧誘などがあればNURO光、So-netにすぐに連絡をするということで、不要な電話、しつこい電話がかかってくるのを防げるでしょう。
(業者名をメモしておきましょう。)

代理店は、さまざまな面倒と思われる雑多なことを代わりにやってくれるというのもあって、契約してしまい、思っていたのと違う状況になってしまったということも起こりえます。

そのため、NURO光の代理店選びから慎重に調べて、契約を結ぶのが大切だと思われます。消費者の誤解を招いたり、トラブルになった代理店の上方は国民生活センターの公式ホームページでも掲載されていますので、そちらを参考にされながら、代理店選びをしたいものです。

今のところは公式がベター

NURO光の代理店は今のところそこまで多くないので、電話や訪問営業がくることは滅多にないでしょう。家電量販店などの店頭営業を見かけることがほとんどですね。

ですから、そうした店頭でこれは!というキャンペーンを実施していれば、そこで申し込むのもひとつです。

ただ、NURO光公式からの申し込みでも十分うれしいキャンペーンが実施されていますから、そちらでの申し込みで損をするということはありません。

So-netNURO光の公式と販売代理店の比較についてはこちらもあわせてご覧ください。

dairiten.jpg
NURO光でも販売代理店がスタートしました。もしかしたら電話や訪問によるNUROの勧誘を受けた方もいるかもしれませんが、販売代理店によるものである可能性もあります。さて、公式、つ
NUROキャンペーン
NURO光評判 総まとめ!
サブコンテンツ