NURO光の宅内工事・屋外工事の模様を写真付きでレポート

宅内工事の模様

(1)工事の内容

11月2日はいよいよNURO光の宅内工事日です。宅内工事については光ケーブルの配線やONUの設置場所を決めるために立会いが必要になってきます。

こちらのスケジュールもありますので、前々日にSo-netに工事の時間を連絡するように電話を入れました。しかし工事の時間帯は前日に連絡がはいるとのこと、仕方なくその連絡を待つことにしました。前日の夕方にSo-netから電話があり、11月2日の1時過ぎに訪問し、工事を行う旨の連絡がありました。

NURO光の宅内工事はまず外壁に光キャビネットをつけることから始まりました。さほど大掛かりな工事ではなく作業をする人は1人です。宅内には電話線の配管を利用して入線し、既存の他の回線業者の配線カバーを利用して中にケーブルを通していきます。

光ケーブルをパソコンのそばに引き込み光コンセントを設置しました。さらに光コンセントから ONU への配線を行います。ここまでが宅内工事となっています。

工事は1時間ほど、従来の配管を活用したこともあり短時間のうちに作業は終了しました

takunai1

※電話管を活用して配線されます。NTTやauも同様に配線されています。

(2)無線LAN機器の大きさ

また工事の人はONUまでの配線だけでなく、自分でしなければならない無線LAN機器への配線もしてくれましたので、後日自分で作業する際に大変助かりました。

後は明日の屋外工事、1週間ほど後の電話の工事が終了したら、単に自分で電話回線などを接続すればよいということになります。私は当初NURO光の「便利ならくらく設定サービス」を利用するつもりでしたが、自分で設定すればキャッシュバックが多くなるという言葉につられて、自分で行うことにしています。そのためどの線をどこにつなぐかということをきちんと聞くようにしました。

今までのNTTおよびauのインターネット接続については自分で行ってきましたのでNURO光も何とかなるでしょう。宅内の必要な機器類は工事当日So-netから派遣された人が持参します。

なお少し驚いたのはパソコンのそばに設置する無線LAN機器の大きさです。従来はアイオーデータの無線LAN機器を別途取り付けていたのですが、それと比べると格段の大きさとなっています。この無線LANは中国製とのことで、我が家ではパソコンの裏に設置し表に出ることはありませんのでまあいいとしましょう。

無線LANの機器が無料で使えるということですので贅沢はいえません。また工事の人の話ですと、今まで使ってきたアイオイデータの無線LANも連結すれば、良いほうの電波を拾うとのことでした。配線がうまくできれば、後日連結する作業も試してみたいと思っています。

taikunai2

※左はTA、右が大きな無線LAN

NURO光 屋外工事の模様

NURO光宅内工事の翌日に屋外工事が行われました。翌日に屋外工事をお願いしたのは、いち早くNUROに移行しそのスピードを試してみたいと思ったからです。

屋外工事についても立会いが必要です。しかし立ち合いといっても常に立ち会っている必要はなく、最初に工事の方法等について説明を受け、最後に工事についての報告を受けるだけです。

それゆえ工事をしている間は家の中で過ごすことができます。回線の引き込み工事はいろいろな方法があって家の構造や周囲の状況、電柱と家の距離などによって変わってくるようです。

我が家の光回線の引き込みは電柱からケーブルを電話の配管に通す方法で行われることになりました。この方法はNTTやauも同様に行われた一般的な方法と言われています。

工事は道路を遮断し、車の通行ができないような状態にして行われました。工事用の車の荷台からクレーンが伸びて電線に届きます。家に一番近い電柱から光ケーブルを外壁まで引き込み、外壁にビス止めをして配線します。

従来ある他社の光キャビネットを利用する方法もあるようですが、設置してから年数を経過しており割れる恐れがあるので、新しく設置せざるを得ないとのことでした。

従来利用していたNTTやauの引込み線もあって、多少外観は気になるところですがやむをえないところでしょう。従来のNTTやauの光キャビネットに加えてあらたな機器が我が家の外壁に取り付けられました。

機器類が外壁に数社のものが取り付けられると、こだわりのある人にはあまり見栄えの良いものではないかもしれません。既存のNTT、auの電柱からのケーブルや機器類の撤去には10,000円程度の費用が必要になります。

このケーブルはNTTやauと再契約の時に利用することもできますし、外観もさほど気にならなければ残しておいてもよいのではないでしょうか。

電柱から引き込んだ光ケーブルは前日設置した光キャビネットに接続します。電柱から光ケーブルを引き込み光キャビネット部接続するまでが屋外工事となります。

NTTやauと同様にすでに敷設されている電話線の配管を活用して光ケーブルを配線していきます。ほかにはエアコンのダクトを利用したり、外壁に穴をあけて引き込むこともあるようです。

okugai

※左側がNURO光のキャビネット、右は他社のキャビネットです。

屋外工事も1時間ほどで終わり、これでインターネットに接続することができます。電話工事が9日に行われることになりましたので、それまでは今まで通りのauのネット回線を利用してインターネットに接続し、ナンバーポータビリティ工事の終了と同時に、電話の接続を含めてすべての設定を行いたいと思います。

工事費について

NURO光の工事費はキャンペーン経由で申し込むことで、実質無料になります。

仕組みとしてはこのような形です。

工事費の40,000円を毎月分割して月額利用料金に上乗せし、30ヶ月で支払う(毎月1,333円)

キャンペーンにより、毎月1,334円を割り引く(1円は誤差です)

工事費が実質無料になる

ただし、ちょっとした注意も必要です。詳しくは、下記のページをご覧ください。
NURO光のキャンペーン解説と注意点

NUROキャンペーン
NURO光評判 総まとめ!
サブコンテンツ