NURO光とフレッツ光、auひかり3社別、選べるプロバイダまとめ

高速回線サービスというと、「NURO光」、「フレッツ光」「auひかり」の3社の名前がよくきかれますが、3社間の違いというとどういう点にあるのでしょうか。

高速回線がいいけれどプロバイダをどこにするか、についても考えたいところです。ここではプロバイダ選びを主眼にした3社比較をしてみたいと思います。

まずは比較表にしました。

NURO光 auひかり フレッツ光
So-net @nifty
@TCOM
ASAHIネット
au one net
BIGLOBE
DTI
So-net
@nifty
AOL
OCN
BB.exite
GMOとくとくBB
So-net
Yahoo!BB
ぷらら
他、約300社

フレッツ光がダントツで多いことがわかりますね。引っ越しが多い家庭などではやはりフレッツ光は重宝します。
NURO光はSo-net純正の回線ですので、プロバイダもSo-netのみとなっています。

※固定回線を検討する上では、まずスピードは欠かせないポイントです。よかったら下記の3社比較もご覧ください。
NURO光とフレッツ光、auひかりをスピード・実速で比較!最速は?

それでは以下、プロバイダについてもう少し解説を加えます。

NURO光のプロバイダ

NURO光では、「So-net」ただ一つとなっています。しかしながら、世界最速の高速通信を実現したいというメリットを考えて、NURO光にあえて乗り換えるという方も多くいらっしゃいます。

auひかりのプロバイダ

auひかりが対応可能なプロバイダは、7社あります。

@nifty」「@TCOM」「ASAHIネット」「au one net」「BIGLOBE」「DTI」「So-net」です。

「@TCOM」は、関東エリアだけの対応となりますので、検討する際には注意が必要となります。

フレッツ光

さて、もっとも選択肢が多いのはフレッツ光になります。フレッツ光では非常に多くの対応可能なプロバイダがあります。

たとえば、東日本フレッツ光の管轄となり「北海道」の戸建て向けのプロバイダは、「@nifty」「AOL」「OCN」「BB.exite」「GMOとくとくBB」「So-net」「Yahoo!BB」「ぷらら」などを含む約300社から選ぶことができます。

東京都内で対応できるプロバイダですが、町田市、稲城市の一部では、「神奈川県」で対応できるプロバイダでの接続になるので、選ぶ際には注意が必要です。

また東日本フレッツ光が対応できるプロバイダと、西日本フレッツ光が対応できるプロバイダには若干の違いがありますので、注意が必要です。お住まいの地域によってえらぶことになるわけですが、転勤が多い方の場合、プロバイダを検討する際には考えられたほうがよいかと思います。

 
また、プロバイダ選びの先のことにはなりますが、各プロバイダに契約の申し込みをする際に必要な情報をそろえてことが求められます。

その第一には、「フレッツ光」が開通する予定の日がいつなのか、という情報が必要となります。フレッツ光がいつ開通するのか、その予定日については、フレッツ光を申し込んだ後、NTTからお知らせがきます。

まとめ

プロバイダの選択肢が最も多いのはフレッツ光となります。一方で、NURO光の場合はSo-netのみです。

フレッツ光実際にはプロバイダは固定回線を選ぶ上でさほど重要ではありません。
ただし、引っ越しが多い場合には、フレッツ光は全国区で同じプロバイダを使えますし、契約を継続できます(住所変更のみ)。メリットになるでしょう。

NUROキャンペーン
NURO光評判 総まとめ!
サブコンテンツ