NURO光のプロバイダ「So-net」の仕組み / メールアドレスどうなる?

通常、光インターネットに加入する際、回線とプロバイダを別途選択する必要があり、これら2つがセットになって初めて、通信機器を使ってインターネットを利用できます。つまり、回線だけ、プロバイダだけといった加入はできません。

NURO光はプロバイダ一体型のサービスです。プロバイダ込みで月額4,743円。つまりプロバイダを別途選択する必要はなく、NURO光を申し込むだけで「So-net」がプロバイダとなります。

NURO光のプロバイダ「So-net」とは?

nuro-provider1

「So-net」はソニーグループが提供するプロバイダです。フレッツ光に対応しているプロバイダとしても知られており、通常はプロバイダ料として月額1,000円かかります。しかしNURO光を申し込む場合は、すでにプロバイダ料込み。その他、無線LANの標準装備やインターネットセキュリティも無料でついてきます。1年版で5,000円前後する、セキュリティソフトの導入も不要というわけです。

また「So-net」はNURO光だけでなく、前述したフレッツ光やauひかりなどのプロバイダとしても知られています。

プロバイダと回線が一体になることによるメリット

nuro-provider2

プロバイダを選べないことはデメリットのように思えますが、一体となっている場合、契約先が1つで済みます。つまり、何かあったときのサポートは、一箇所に問い合わせるだけでよく、さらに請求も一箇所で済みます。NURO光は、「So-net」が回線とプロバイダ、2つとも管理しているので、いざ困ったときの問い合わせで、たらい回しにされることもありません。

また、プロバイダが「So-net」しか選択できないとなると、今使っているメールアドレスはどうなるのか?懸念される方もいるかもしれません。しかし、各プロバイダには「メールコース」というものが用意されており、その「メールコース」に変更することで、月額1,000円以上するプロバイダ料金が、月額200円〜300円で利用可能になります。

つまり「月200円〜300円払う代わりに、メールアドレスだけ使わせてください」と、今までのプロバイダと契約し直すことを意味し、NURO光に乗り換える場合であっても、月200円〜300円余分に払えば、今までのメールアドレスがそのまま使えます。もちろん、すでに「So-net」のプロバイダをお使いであれば、メールアドレスだけを残すために、月200円〜300円といったお金を支払う必要はありません。

すでに「So-net」会員の方はコース変更を選択

nuro-provider3

現在、フレッツ光をお使いで、そのプロバイダを「So-net」に指定している場合、NURO光への申し込みは、コース変更だけで大丈夫です。その場合は、「So-net」のユーザーIDやパスワードもそのままです。

ただコース変更と言っても、NURO光には新規で申し込むことになるのでキャンペーンも適用されます。2017年1月現在でいうと、30,000円キャッシュバックや3ヶ月間ワンコインキャンペーンなど、たとえコース変更であったとしても適用されます。

以上、NURO光のプロバイダについて解説してきましたが、プロバイダと一体になることで、月額4743円から利用可能なNURO光。5,000円前後が相場の光インターネットに中でも、お得と言えます。さらに2Gbpsの通信速度環境が手に入れられる点も見逃せません。関東にお住まいであれば、ぜひ検討してみる価値があるのではないでしょうか?

NUROキャンペーン
NURO光評判 総まとめ!
サブコンテンツ