【NURO光でんわ開通後】ホワイトコール24とおうち割 光セットの登録方法

NURO光でんわが開通して10日ほどすると、So-net よりWEB明細登録完了の案内が送られてきます。ユーザーIDとパスワードを入力することによって、契約の状況やどの電話番号に何分電話をかけたかという明細を知ることができます。

通話明細を見てみると、携帯への電話で12分ほど電話して325円かかっているものがあり、これはymobileの携帯から電話すれば10分無料ですので、大変な無駄遣いということが言えます。妻にはなるべくymobileを使うよう徹底しなければなりません。

(1)ホワイトコール24の登録

NURO光電話はソフトバンクと提携しています。娘がスマホをソフトバンクに乗り換えましたので、ソフトバンクのホワイトコールに申し込みをしました。

登録が完了したという通知が来ましたので、これでNURO光電話からすべてのソフトバンク携帯への電話が無料になります。また娘のスマホから自宅のNUROひかり及び各社のIP電話への通話が無料となります。また妻の長電話の相手がソフトバンクスマホを持っていますので、これは大変助かりますね。

ただホワイトコール24の申込書はSon-etから取り寄せねばならず、人によっては忘れてしまうこともあるでしょうね。申込書を、So-netへ送付し、10日ほどしてから登録が完了したという通知が来ますが、ソフトバンクは別会社なので面倒なのは仕方のないことなのでしょうかね。

white-call-24-touroku
   ※ホワイトコール24の申し込みをして10日ほどして登録完了の通知が来ます

(2)おうち割 光セット

また同じくソフトバンクのサービスのおうち割 光セット(旧スマート値引き)も利用することができます。おうち割 光セットはNURO光でんわとソフトバンクのスマホとセットで利用することで、スマホの利用料金から月々最大で2,000円割引をしてくれます。

娘は標準のデーター定額サービスを利用していますので、毎月の料金から1500円値引きしてくれます。期間は2年間ですが、この申し込みが面倒で、ホワイトコールの24の登録が完了した後のソフトバンクの窓口まで出向いて申し込みをしなければなりません。
※2017年4月追記:現在はホワイトコール24の申込は必須ではなくなりました。

smart-nebiki

会社が違いますので情報照会をするために同意書の提出も必要です。同意書にはキャンペーン登録番号の記入が必要になります。この申請は不親切でキャンペーン番号については電話し再度So-netから郵送で送られてきます。

ホワイトコール24からおうち割 光セットまでの一連の流れは不親切極まりなく、仕方なくやっているとしか思えません。So-netとのやり取りで最も不愉快に思った点です。SoftBank 光などのソフトバンク固定通信サービスを利用している人はパソコン上のマイソフトバンクから申請できますが窓口までいかなければならないのは大変億劫ですね。

しかし毎月2,000円は大きいですので必ず申し込みをしなければなりませんね。これも申請が必要ですので、忘れて手続きをしない人もいるのではないでしょうか。

NURO光でんわのメリット・デメリット

nuro-denwa

NURO 光はソフトバンクとの連携があり、うまく利用することで電話料金を大幅に低減することが可能です。NURO 光 でんわを申しこめばソフトバンクのホワイトコール24やおうち割 光セットなどのサービスをうけることができお得です。

(1)NURO 光 でんわにすると電話代が安くなります

NTTアナログ回線の毎月の基本使用料はプッシュ回線を使うと1,700円の月額料金となりますが、NURO 光 でんわにすると500円に抑えることができます。

また通話料金もNTTの固定電話ですと昼間で3分8.63円、60km以上の距離になりますと45秒で40円ですが、NURO 光 でんわの通話料金は全国一律で、3分7.99円で利用することができます。またアメリカへの国際電話も同様に3分8.63円で通話できますので大変に安くなります。但しNURO 光 でんわはNURO光で申し込んでいる事が前提となっていますのでインターネットを利用しない家庭ではNTTのアナログ電話を使ったほうがお得です。

しかしデメリットとして付加サービスの番号表示サービスがNTTの場合は400円、キャッチホンは300円ですが、NURO 光 でんわの場合にはパック3を選ぶと番号表示・番号通知リクエスト・キャッチ電話・着信お断りがセットで800円となり多少高くなります。

(2)インターネット料金と電話料金の請求が一本化

NTTアナログ回線を使い、ブロバイダーも違う会社ですと請求が各社からくるので月々の電話料金がわかりにくくなります。NURO光でんわにすればインターネット代金と電話代金が一本化しますので、わかりやすくコストの低減につながります。

(3)ホワイトコール24

ホワイトコール24はNURO 光 でんわの契約者や家族が利用しているソフトバンク携帯電話に申し込むことで、自宅のNURO 光 から全てのスマホや携帯電話に対して24時間無料で通話することができるサービスです。また登録をしているスマホや携帯から全てのNURO 光 でんわやBBフォンや各社のIP電話に対して無料で通話することができます。
ホワイトコール24の申し込みは必要ですが、定額料金は掛かりませんので非常にお得ということができます。

(4)おうち割 光セット

おうち割 光セット(旧スマート値引き)はNURO 光 でんわとソフトバンクのスマホや携帯をセットで利用することで、家族のiPhoneやスマホ・ケータイ・ipad・タブレットの利用料金より最高で毎月2000円を割引するサービスです。期間は2年間で家族の名義のスマホや携帯などであればサービスを受けることができます。また使用回線は最大で10回線まで登録することが可能となります。

(5)その他のメリットデメリット

その他のメリットとしてNTT一般加入電話を使用していた場合には、ナンバーポータビリティを利用することで電話番号を変えずに使えます。またデメリットとしては電話回線を2回線にすることはできませんので、複数家族で別の回線を使いたい場合には不向きです。

NUROキャンペーン
NURO光評判 総まとめ!
サブコンテンツ